野村誠・公演情報「動物の演劇」

間近に迫っています!お見逃しの無いように〜。


******************************
演劇計画2006
「動物の演劇」
******************************

[構成・振付・演出]山下残
[作曲]野村誠
[振付原案]大槻弥生

[出演]
岩下徹(山海塾)
垣尾優
筒井加寿子
筒井潤(dracom)
寺田みさこ(砂連尾理+寺田みさこ)

[演奏]
アコーディオン:大田智美
ピアノ:野村誠

[日時]
2007年1月11日(木)19:30
    12日(金)19:30
13日(土)15:00/19:30
14日(日)15:00
*開演の1時間前より受付開始、開場は開演の30分前
*14日終演後、ポスト・パフォーマンス・トークを行います。

[会場]
京都芸術センター・フリースペース
TEL:075-213-1000
*市営地下鉄「四条駅」/阪急京都線「烏丸駅」24番出口より徒歩5分。

[料金]
一般:2500円
学生:2000円(要学生証提示)
*全席指定

[チケット取扱]
・演劇計画ウェブサイト http://www.tp-kac.com
・京都芸術センター(窓口販売のみ/10〜20:00)
・電子チケットぴあ http://t.pia.co.jp
 0570-02-9999(オペレーター対応)
 0570-02-9966(Pコード 371-605)
 *ファミリーマート、サークルK/サンクス各コンビニエンスストアの専用端末
でもチケット購入できます。

[お問合せ]
京都芸術センター
TEL:075-213-1000
E-mail:info@t-kac.com
WEB:http://www.tp-kac.com




******************************
我らがGP(ゲストプロデューサー)野村誠より、お手紙が届いております。
↓↓↓↓↓
******************************


来週、非常にユニークな公演「動物の演劇」を行いますので、ご案内します。
京都でしか公演の予定がありませんので、遠くの方も、是非、こちらまで、足を
のばしてくださいね。


これは、野村誠の音楽に、山下残さん(振付家)が振付・演出したダンス作品で
あり、コンサートです。
山下残さんとの共同作業は、2001年にパークタワーホールで行われた「足を
喰う犬」以来、6年ぶりです。

一緒に演奏していただくのは、新進気鋭のアコーディオニスト大田智美さん。野
村はピアノを弾きます。大田さんとダンサー達と1ヶ月に渡る集中的な稽古を行
っています。昨年ドイツで初演され、日本でも再演され大好評だった「ウマとの
音楽」も演奏され、5人のダンサーのダンスがついています。かなりスゴイこと
になっています。

一昨年に横浜トリエンナーレ2005で発表した「ズーラシアの音楽」(野村幸弘と
の映像)を原作と考え、この曲を下敷きに、全てのダンス、全ての楽曲を生み出
しました。編曲・再作曲された全10曲は、書き下ろしで全て世界初演です。

出演する5人のダンサーは、非常に個性的な5人で、舞踏出身の岩下徹さん、バ
レエ出身の寺田みさこさん、どういうダンスがバックグラウンドなのか分からな
い動きをする垣尾優さん、そして、俳優出身の筒井加寿子さん、筒井潤さん。違
った身体の組み合わせで、同じ振付が全然違って見えてきますし、5人がユニゾ
ンで踊っているシーンなど、相当、面白いですよ。

座席指定ですので、早めにお申し込む方が、良い席がとれますので、お早めに。

では、是非お越しください。皆さんのご来場を、お待ちしております。

野村誠


******************************
野村さんのブログで稽古の様子が読めます。
ACD新年会の話もありました。
http://d.hatena.ne.jp/makotonomura/
[PR]
by acdparty | 2007-01-10 22:34 | 告知
←menu