カテゴリ:メンバーの様々な活動( 10 )

すっかり秋。今年は残暑がありませんでしたね。
いつの間にか26歳のひと夏も終わってしまい、なんだか寂しい江渕です。
ですが、しんみりしている暇も無いみたい。
芸術の秋ですから!!


今日は取手アートプロジェクト2008から、お知らせの封筒が届いていました。
ACDの山中カメラさん、宮田篤さんが既に滞在制作中とのこと。

山中さんは、この2年間でいつの間にか「現代音頭作曲家」になっていて、
会期中も新作の現代音頭を発表されるようです。

宮田さんは「思い出のつまった家具」を探しているようですが、一体、何をするのでしょうね。

二人ともサービス精神が旺盛なので、きっと楽しい作品になるのでしょうね。


そんな様子が読める公式ブログはとても充実しています。
会期前から遊びに行きたくなる雰囲気です。
http://tap2008.exblog.jp/
[PR]
058.gifボイスパフォーマーの徳久ウィリアムさんが、「AACサウンドパフォーマンス道場」に入選!
http://www.aac.pref.aichi.jp/bunjyo/jishyu/2008/dojo/news.html

058.gifアーティストの宮田篤さんが取手アートプロジェクト2008に入選!
http://www.toride-ap.gr.jp/news/080813.html


おめでとうございます!


(えぶち)
[PR]
d0097857_030206.jpg


みなさん、8/27日は是非、韓国へ。

「現代音頭作曲家」山中カメラさんが、韓国で一ヶ月間、滞在制作中です。


今年TAPは韓国の安養(アニャン)市にあるオルタナティブスペース「stone&water」と連携して、相互にレジデンスを行う交流事業を行っています。
日本の国際交流プログラムの一環として、韓国アニャン市で行われる「ソクス市場アートプロジェクト(SAP)」で、盆踊りを作るそうです。

各国から集まるアーティスト、現地の韓国の方々と一緒に現地で交流をしながら作曲していく様子が面白い!

山中さんのブログで読んでみてください。
http://blog.livedoor.jp/y_camera/

TAPの視点で読んでみてください。
http://tap2008.exblog.jp/i14/

SAPの視点で読んでみてください。
http://saptap.egloos.com/


(えぶち)


[PR]

「マルトノ音頭」が、取手の夏祭りに採用されました!


d0097857_22262892.jpg

(盆踊りは午後六時から。会場は取手市井野団地第四街区広場です)
056.gifマルトノ音頭とは?056.gif
山中カメラ作曲、Wあつし作詞。
オンドマルトノによる音頭で、茨城県取手市が題材となっています。
取手アートプロジェクト2006の会期中に作られたこの作品は、2006年11月19日、第1回ACDパーティーにてオンドマルトノ奏者の久保智美さんを迎えて初演されました。


この「マルトノ音頭」が今年、井野団地の「第34回夏祭り」のプログラムに入っているそうです!
実現するとは!

山中カメラさんからも喜びのメールが。
「TAPという取手市のアートプロジェクトで生まれたものが、年を経て、その土地で受け継がれるというか、アート以外の分野に進出するという事で、大変うれしく思っております。」


その山中さんは、なんと韓国へ進出です。

今年のTAP2008では韓国との国際交流事業というのがあって、山中さんは韓国への派遣アーティストの一人になっています。
韓国のアートプロジェクト(SAP)で滞在制作をして、帰国後は韓国の作品をTAPで展開するとか何かしてもらうというものです。


いやあ、良い知らせですね〜。

夏祭りは7月26日と27日です。
「Wあつし」で山中カメラさんと一緒にユニットを組んでいる宮田篤さんも、名古屋から駆けつけます!
小学4年生になったむっきちゃんも太鼓を叩きます!

面白いことになってきました。ワクワク!

(えぶち)
[PR]
野村誠氏が片岡祐介氏と一緒に作った新しい本。
いろんな意味で新しいです。

ミュージシャンが作った音楽の教科書
「音楽ってどうやるの」
野村誠+片岡祐介 著
定価 2,500円(本体2,381円)



視聴できる特設ページはこちら(片岡さんHP)
http://www.usiwakamaru.or.jp/~usuke/ongakutte.html
中身がちょっと見られるページはこちら(あおぞら音楽社)
http://www.aoisora.jp/new/new01.html


ね、ね、

前作も爆笑でしたが、

今回も爆笑の様子。

(えぶち)
[PR]
深澤孝史と高杉悦生が浜松アートフォーラムでのイベントに参加した様子が大変面白く読めましたので、ここに御紹介申し上げます。 (えぶち)

「深澤孝史の日記?」
http://fufumi.blog41.fc2.com/
d0097857_1532398.jpg
[PR]
d0097857_2193811.jpg
宮田篤です。
U8projectsでの個展が無事終了いたしました。
ふかさわくんと高杉悦生くんによるギャラクシーようかん問答と、おなじみ尾崎館長による開会あいさつで幕を開けたはくぶつ感は、大学内ギャラリーということもあって連日いろんな学生さんがお越しくださいました。

ちなみに、うえの写真の左がわがじぶん楽人形で、右がわがお客さんです。

くわしくは、こちらからご覧ください〜

宮田篤のはくぶつ感日誌
http://hakunisi.exblog.jp/

そして、Wあつしの相方、山中カメラさんの、OCSの初個展も間近!
詳細はこちらからご覧ください!!

カメラの若大将
http://blog.livedoor.jp/y_camera/
[PR]
d0097857_0511878.jpg

お静が東京に来た〜
山中カメラとは昨年の取手合宿以来の再会だそう〜
先日のTAP2006記録集DVD鑑賞したり〜
ACD記録集の方向性を確認したり〜
夏っていいですね〜
布団が無くても寝られる〜
d0097857_0585299.jpg

屋上は夜景がきれい〜だったのよ

(ぶっち)
[PR]
d0097857_19545696.jpg

意気揚々と脚立にのぼるWあつし(写真)
カメラのほう : 山中カメラ (左)
メガネのほう : 宮田篤(右)

取手アートプロジェクトで結成し、春休みに横浜に出没したWあつし、今度は名古屋市美術館へあそびにいってきました。


d0097857_2031378.jpg

と言っても本当にあそんでいるのではなくて、秋におこなうワークショップの告知を兼ねたデモンストレーションをしています。
上は「みちばたオセロ」という遊び。名前のとおり、タイルのような道端の四角いところを枠にしてオセロをします。決着がつくとよくわからない模様のような、絵のようなかたちになるので、しばらくかざっておきます。
d0097857_2035451.jpg
d0097857_2013141.jpg


美術館にきていたお客さんとも、みちばたオセロをしてみました。
(このときWあつしは負けてしまいましたが、模様はとてもきれいになりました。)
デモンストレーションは今後も不定期におこなう予定です、見かけたら声をかけてみてくださいね。


(みやた)
[PR]
●三好隆子「Tunneling」のリーフレットが届きました。
d0097857_1524325.jpg

2006年11月、取手アートプロジェクトでのサテライトギャラリー個展について、野村誠さんと三好さんが対談しています。
テキストは管巻三十郎さん。


●映像ユニットNIPとのコラボレーション、Rise UP展の様子が京都精華大学のHPで読めるようになりました。
http://www.kyoto-seika.ac.jp/exhibition/index.html 
[PR]
←menu