<   2007年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

『記録集の形.大きさ』の経過報告です。
もっとおもしろい形・工夫した形のほうがACDらしさがでるのではないか!
とデザイナーチームとの話合いで再検討していました。
バシっと決めちゃいましょうー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「仮決定していた案」
●A5(32ページ)無線綴じ
補足:無線綴じの場合32Pの次が48Pと予算オーバー
・小さいサイズでかわいい
・無線綴じは背表紙があるからかっこいい
・ちょっと物足りない
・ページ数がぎりぎり
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「デザイナーズ案」
○紙を途中で変える
○ポスター大の折りたたみのものを付ける
○変形の形
○綴じ方を縦を横に変える
予算係よりコメント↓
現実的に予算がかなり少ないので、あまりにも複雑なことができないので難しいかも。紙を変えたりも高くなるようです。オンライン入稿がやはり一番安いみたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「編集部案」
・ページ数をすこしでも稼ぎたい
・中綴じでもいいかも
・オンライン入稿で作る可能な形態
●サイズ違いのものをなんさつか組み合わせる
以下参考資料(BEAMSのフリーペーパー)
d0097857_23593185.jpg
d0097857_2359498.jpg
d0097857_00381.jpg

表紙にくるタイトルを、宮田くんがACDpartyのときの入り口のドアに付けた切り絵(わかるかな?)みたいにできるかな〜と思っています。

以下具体的な大きさ例:
d0097857_0273783.jpg
A5とCDサイズの組み合わせ(44P)
d0097857_0284057.jpg
B5とA5(32P)
d0097857_0291530.jpg
B5とCDサイズ(36P)

どうでしょうか?これ決めちゃわないと前に進まんです(-_-;)
(みよし)
[PR]
by acdparty | 2007-01-28 00:41 | 記録集
artscapeに取手アートプロジェクト2006が掲載されました。
http://www.dnp.co.jp/artscape/exhibition/review/0701_09.html

風船はACDメンバーでもある相澤さんの作品です。
あまり知られていない「蕎麦屋」の魅力を伝えてくださった福住廉さんに感謝!

私たち「あーだ・こーだ・けーだ(ACD)」は、もともと蕎麦屋だった場所をお借りして活動拠点にしていました。
「あーだ・こーば」と名付けたそこでは、制作したり、作曲したり、ミーティングしたり、ご飯を食べたり、輪になって歌い踊ったりしていました。
訪ねて来てくれた方も毎回、巻き込みました。

現在のACDでも、この「そば屋」というキーワードは欠かせないものになってきています。




三好さんのサテライトギャラリーでの展示については村田真さんが書いてくださいました。
http://www.dnp.co.jp/artscape/exhibition/review/070115_03.html

美術手帖に続き、ありがとうございました。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、日曜日は平岡さん出演のイベントです。
http://acdparty.exblog.jp/4540136/

そして小学2年生のむっきはこの冬、8歳になったようです。おめでとう!


(えぶち)
[PR]
by acdparty | 2007-01-27 23:15

今度は「ACDのイメージを言葉にする」作業を始めました。

「ACDを外部に紹介するため、客観視された言葉が欲しい!」と、
広報課からメンバーやスタッフに呼びかけています。

ACD内部にいながら、自分たちのことを客観的視点で見るなんて、本当に難しい!

それでも返信ありました(ホッ。)

「組曲」
「エスプリ」(!)
「地べたのコンテンポラリーアート」
「思惑の交錯」
「ずっと会議中」

など!など!

言葉にすると、だいぶハッキリ見えてくる気がします。


(えぶち)
[PR]
by acdparty | 2007-01-26 02:45 | 記録集

「おとしりとり」や漫画、ユニット「Wあつし」で活躍、ACDパーティー会場をまるごと切り文字で装飾した宮田篤が
奨励賞受賞!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「11th リキテックス・ビエンナーレ」

2月8日(木)〜2月13日(火)AM11:00〜PM8:00
スパイラルガーデン(青山) 入場無料

初日PM7:00からレセプションもあります。
[PR]
by acdparty | 2007-01-25 01:25 | 告知

なぜかスキャンダラスな話題が多いダイエット・パフォーマンスユニット
「艶団」。
取手アートプロジェクト2006が終わった後はどうなったのか…。
あやしい噂も流れていたみたいですが、どうやら復活再始動するようです。
めでたい!


そんな艶団のかたほう、バイオレットお静こと中島静代がスタッフをしつつ撮影もしたというアートイベントのお知らせです。

(財)大阪都市協会による文化発信番組「コネクタTV」として放映予定だそうです。
関西に足を運ぶ機会のある方は是非!

お静より↓
「来年は海外で開催されます。今年見ておかないと今度いつ見れるかわかりませんよ〜!」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

title『View Masters 大阪-メルボルン リミックス』

ヴューマスターズ(現音採集観察学会)とは、「耳」を使った"発想の転換"をこころみる環境音プロジェクト。 気になる「音」を写真のように切り取り、 鑑賞したり、楽しんだりする「サウンド・スポッティング」をテーマに、2002年以降、昨年まで築港赤レンガ倉庫で行われ、時代と共に数々の傑作を生み 出してきました。

今年は、「耳」から得た音を「視覚」に置き換えた「リミックス・バーション」として登場。
オーストラリアから注目のアーティスト3名を含む国内外の音楽家やビジュアルアーティストによる、映像、インスタレーションなどヴューマスターズ的作品の”展覧会”。
そして路面電車での”コンサート”など「トラム(電車)」をテーマに”再編集”されたヴューマスターズイベントです。
もちろん例年通り、一般参加者による「サウンド・スポッティング」”ワークショップ”も開催します。

●View Masters Remix 展覧会
ヴューマスターズの「ポップ」で「音楽的」という視点から「トラム(鉄道)」をテーマにした作品を展示します。
また、4年間に渡り行われたView Mastersの活動成果もアーカイブとして公開します。

【出展作家】
・Haco
・角田俊也
・梅田哲也
・Yuko Nexus6
・田尻麻里子
・宮本博史
・Nathan Grayネイサン・グレー(from Merboune)
・Dylan Martorellディラン・マートレイル (from Merboune):
・Geoff Robinsonジェフ・ロビンソン(from Merboune)

日時:2007年2月3日(土)〜2月18日(日)
会場:南海電鉄浜寺公園ステーションギャラリー(南海電鉄本線浜寺公園駅舎内)
開館時間:13:00-20:00 毎週月曜日休館
入場無料

※作品解説&特別レクチャー
会場内にて出展作家による作品解説とオーストラリアからキュレーターを招き
特別レクチャーを行います。またワークショップへの参加方法の説明も行います。

 日時:2007年2月3日(土)17:00-
 出演:出展作家(Haco、梅田哲也、Yuko Nexus6、田尻麻里子、宮本博史、
                            Nathan Gray、  Dylan Martorell、Geoff Robinson)
 特別レクチャー「オーストラリアのサウンドアート事情」
 講師:Jane Hindson ジェーン・ハインドソン(キュレイター)
 入場料:1,000円


●ヴューマスターズ トラムコンサートTram Concert(予約制)
「レンズでしぼり具合を調節するように、ある音の輪郭を"抽出"していくような」ヴューマスターズ的コンサート。今回は「移動する会場」阪堺電車内でコ ンサートを開催。車上から流れゆく音の風景が生演奏によって抽出される様を体験します。

日時:2007/ 2/ 4(日)15:00 〜
出演:
Snawklor(Nathan Gray、Dylan Martorell ) 
  江崎将史&中尾勘二
  拡大鏡-Magnifying Glass
  中垣みゆき&実樹ちとせ
集合場所:阪堺電車 恵美須町駅/
参加費:¥2,000※参加にあたっては予約が必要です/
予約・問い合わせ先:電話、ファックス、メールで受け付けます。定員になり次第、締切ます。

NPO大阪アーツアポリア/Osaka Arts-aporia
  Tel / Fax:06-6599-0170
  E-mail:viewmasters2007@yahoo.co.jp

●ヴューマスターズ ワークショップ(View Masters Workshop)

一般公募者を対象に、各個人でサウンド・スポッティング(路上音観察)したレポートを前もって提出していただき、当日は参加者の報告発表と講師によるコ メント、考察などを楽しく学習的なタッチで展開してゆきます。見学のみの参加も可能です。
参加希望者は2月3日(土)に行われる「作品解説&特別レク チャー」にご参加ください。

日時:2007/ 2/ 18(日)15:00〜
ワークショップコメンテーター:Haco、梅田哲也、田尻麻里子、他
会場:浜寺公園ステーションギャラリー(南海電鉄本線浜寺公園駅舎内)
参加費:¥1,000

●主催 : NPO大阪アーツアポリア http://artsaporia.exblog.jp/
●共同パートナー : West Space Gallery
●助成 : 豪日交流基金※1)
Asia Link
Australia Council for The Arts
大阪楽座事業※2)
大阪 ひと・まち魅力発見事業推進会議
(特定非営利活動法人大阪市コミュニティ協会、ラジオ大阪)

●協力 : 南海電鉄株式会社/阪堺電気軌道株式会社/彩都IMI大学院スクール/
            大阪芸術大学附属大阪美術専門学校/Apollo Properties

※1)『View masters [osaka-melbourne] remix』はオーストラリア・カウンシルならびに
豪日交流基金が助成をしているAsialinkの“The Australia-Japan Strategic Ties for the Art Program” の一環です。
※2)大阪楽座事業(大阪府)歴史的建造物を保存・活用するとともに、文化活動の場の拡大とまちの賑わいづくりのため、民間団体等が主催する歴史的建造物を活用した文化活動を公募し、優れた企画に対して『大阪府文化振興基金』から補助金を拠出する事業。

●問い合わせ先 : 552 0021大阪市港区築港2-8-24piaNPO305号室
                       NPO大阪アーツアポリア(担当 コジマ)
   Tel/Fax : 06 6599 0170  
    E-mail : viewmasters2007@yahoo.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下、ご参照下さい。

■HP
http://www.japanimprov.com/viewmasters/viewmastersj/
[PR]
by acdparty | 2007-01-25 01:11 | 告知

現在、記録集のタイトル案を出し合っています。

「タイトルがあれば、アイデアやイメージが湧きやすい」
とは、記録集のアートディレクター(すっかりセクション化されてますのよ)を務める浦田さんからの声。

「タイトルがあれば、メンバー間で明確なイメージを共有できるのではないか。」
「タイトルを考えることは、同時に「ACDとは?」ということも考える機会になりそう。」

ということで、いろいろ出てきました。
取手アートプロジェクト2006での活動をまとめながら、今後活動するための”第一章”になる、これにふさわしいタイトルとは!

ちょっと覗いてみましょう…。

●ストレートに「あーだ・こーだ・けーだ2006」?
●副題を付けたら?
●「あけっぴろげにコラボも揉め事も全部、記録集」みたいなニュアンスも良いかな
●「ACD2006〜少しずつやります・・・〜」
●「ACD2006〜ACDい(あくどい)ヤツら〜」
●「あーだこーだけーだ2006  おもひで」
●「ACD2006〜取手アートプロジェクト〜」
●「そば屋のACD」

などなど…。

デザインの参考に…なるといいです…。


(えぶち)
[PR]
by acdparty | 2007-01-23 22:41 | 記録集
d0097857_22444155.jpg
美術手帖2007年2月号に、取手アートプロジェクト2006が掲載されました。


書いてくださった村田真さんに感謝!
[PR]
by acdparty | 2007-01-18 22:47 | TAP2006

みな、みよし編集長・おしず副編集長を中心にガンガン動いてます。


前回の記事にあるコンテンツ表を作家ごとに分別し、誰が何をしていたかを明らかにしていったり、会期中の各人のスケジュールなども出していっています。

膨大な量の写真を分類したり。

プロジェクトの流れを物語るもののひとつ「メーリングリストのやりとり」をまとめてみたところ、A4用紙が分厚い本のようになりました。
この中から、さらに言葉を抜粋していきます。

アートディレクター及びデザイナーさんたちは、アイデアを出して話し合い。

コンテンツごとの紹介文も書いている最中です。


今までのメンバー同士の関係から雰囲気ががらりと変わりました。作家活動とは違う種類のモチベーションで動いています。なんだか会社みたいですが、効率は良いし、何より透明です。



(えぶち)
     
[PR]
by acdparty | 2007-01-17 01:44 | 記録集

京都での正月合宿も終わって、ACD記録集の骨格ができてきました。
中身はこんな構成で行きますよー。
d0097857_053773.jpg

全部、仮タイトルです。

思いつく限りのプロジェクトを挙げ(←まだ全部でないかも)、整理したところ、自然と、「目次ページ」に近くなりました。
「布団」とか「宣伝隊」とか、かなり省略して書かれてあるので、ACDメンバーでも分かりづらいかも〜。
私もACDのメンバーですが、へえー、こんなことやっていたのねー、と、今になってやっと全体像が見えてきた気がします。

そもそもプロジェクトが同時多発だったので、メンバー同士でもお互いが何をしていたのか、全部は把握していないのです。
スタッフもプロデューサーの野村誠も同じく、網羅できていません(断言)。
やはり、これらを整理して残すのは大切ですね。


ここでのポイントは「プロジェクト編」と「プロセス編」で分けたこと。
「プロジェクト編」は実際に作品としてお披露目したものをあげ、
「プロセス編」では、ACD特有の、実際にあーだこーだしている様子を目に見える形にまとめました。

え、「もめ事」って…?

そう。これも外せません。



(えぶち)
[PR]
by acdparty | 2007-01-17 01:09 | 記録集
野村誠プロデュースの仕掛けあいプロジェクト「あーだ・こーだ・けーだ(ACD)」が始まって4ヶ月が経つのですか!

個人的には、もっと昔から仲間と一緒だったような気がするので、「まだそんなもんか」という感想です。

見たことの無いものが、たくさんありました。せっかくいろんなことがあったので、それを無かったことにしないためにも、
現在、活動記録集の第一弾を作っています。合宿までして。
メンバー+スタッフで、あーだこーだと真剣に話し合っています。
メーリングリストのやりとりは550件を超えました。
役割分担もしました。そろそろ、記録集の骨組みが見えてきたもようです。
早くブログにもアップしなくては!

(えぶち)
[PR]
by acdparty | 2007-01-15 22:38 | 記録集
←menu