<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

このブログは、「あーだ・こーだ・けーだ」のブログです。

NEW!!
■TAP2010「100本ノック!」を舞台にプロジェクトが再始動しました。
■仕掛けたらおもしろい「取手の資源」カテゴリーをつくりました。順次アップしていきます。
■そのほか最新の動きは、この次の記事からご覧ください。


仕掛けあいプロジェクト「あーだ・こーだ・けーだ」は、2006年より開始された、作曲家・野村誠と彼が公募で選出した17組26名の参加者と、取手アートプロジェクト(TAP)スタッフによるコラボレーションの実験プロジェクトです。

「かたちにしなくていい。
かたちにしていくと、関われる隙間がどんどんなくなるんですよ」


と野村誠が語るように、
「かたちにしない」「集まっているだけでいい」「はてなを残す」などをテーマとして、即興的に繰り広げるコラボレーションを特徴としています。

2006年では、メンバーによる4回のミーティング、メーリングリスト、10日間の合宿によってプロジェクトが展開されました。拠点は駅近くの元そば屋(「あーだ・こーば」)。取手市立福祉会館で「あーだ・こーだ・けーだパーティー」を1日開催したほか、市内各所でさまざまな企画が実験されました。

その後も、BankARTでの企画「Wあつしの大運動会」、いつまでも続く記録集の作成プロジェクト、そのほか個々のたくさんのコラボレーション・プロジェクトなどがありました。

そして4年の時を経て、2010年12月、ついに再始動!

※TAP2006ACDメンバー……野村誠、相澤和広、浦田琴恵、江渕未帆、岡地史、Circle3.14、徳久ウィリアム、中島静代、NIP、Panny’s eye、深澤孝史、宮田篤、三好隆子、むっき、森政俊、森本隆彦、矢木奏、山中カメラ、TAP2006野村組スタッフ
[PR]
←menu